2019年度までの博士課程の試験科目「専門学術A」は、2020年度入学試験から「社会基盤学」に名称が変わりました。試験問題は修士課程の「社会基盤学」と同一です。博士課程の「専門学術」(2020年度から)および「専門学術B」(2019年度まで)の問題は公開していません。
2021年度の入試から、「社会基盤学」は英語での出題になります。専門用語には和訳をつけます。解答は日本語・英語のどちらでも可能です。英語で出題する問題(和訳つき)の見本は以下からダウンロードできます。
2021年度はCOVID-19対応でオンライン試験を実施しました。「社会基盤学」は、教科書やウェブページなどを参照可とし、期間1週間で試験を行いました。

2021年度(2020年7-8月実施)
英語試験問題の見本
2020年度(2019年8月実施)
2019年度(2018年8月実施)
2018年度(2017年8月実施)
2017年度(2016年8月実施)
2016年度(2015年8月実施)
2015年度(2014年8月実施)
2014年度(2013年8月実施)
2013年度(2012年8月実施)
2012年度(2011年8月実施)
2011年度(2010年8月実施)
2010年度(2009年8月実施)