田辺朔郎賞、ヘンリー・ダイアー賞、工学部長賞に関する内規

制定 2010年4月15日
改定 2016年6月23日
教室会議

  1. 卒業論文審査会で発表された論文のうち、発表内容が優れ、発表方法が適切で、論文の質が高いものに対して「田辺朔郎賞」を授与する。
     
  2. 田辺朔郎賞の授与数は、全発表論文数の1割程度とする。各審査員は2割程度を目安に候補論文を推薦し、推薦率(推薦数/当該論文の審査員数)と指導教員の講評により選考する。
     
  3. 進学後学部4年生夏学期までに取得した単位のうち、当該学生に適用される社会基盤学科の配当表に記載された科目の成績(優および優上の数)に基づき評価を行い、成績上位者に対して「ヘンリー・ダイアー賞」を授与する。
     
  4. ヘンリー・ダイアー賞の授与数は、若干名とする。
     
  5. 田辺朔郎賞とヘンリー・ダイアー賞の受賞者を卒業式において表彰し、賞状を授与する。
     
  6. 田辺朔郎賞とヘンリー・ダイアー賞の受賞者名と論文題目を学科ホームページに公開する。
     
  7. 上記2.の田辺朔郎賞の推薦率(推薦数 / 当該論文の審査員数)に、上記3.の優および優上の取得率(優および優上の数 / 当該学生に適用される社会基盤学科の配当表に記載された科目数)を加えた値を総合得点とし、総合得点と指導教員の講評に基づき,工学部長賞に推薦する者を選考する。