東大社会基盤とは?

東大社会基盤とは?

社会基盤学は、人の生活と環境に関わる多様な専門分野を総合化し、私達の身近にあって、その暮らしを支えてきた実践的学問体系です。基盤技術を中心に、水環境や生態系、都市問題、防災、地域や国土の計画、社会資本政策やプロジェクトマネジメント、国際協力など、ひとつの学科にまとまるとは思えないほどのフィールドの広さを社会基盤学はカバーしています。それらの共通点は私たちの生活基盤づくり、自然環境づくりに関わっているということに尽きると思います。人間・自然環境の再生と創造を実現するために必要な、基盤技術・デザイン・政策決定・マネジメントなどに関する研究・開発・実践を行うことが社会基盤学の目的です。

社会基盤学科・専攻の領域・理念

パンフレットダウンロード
私たちの生活と社会基盤学
社会基盤学(シビル・エンジニアリング)は、私たちの日常生活を支える技術体系です。
たとえば道路や公園、橋、駅や鉄道、物流や情報通信施設、
電気や水道などのライフラインは、現代の都市生活に欠かすことはできません。

一方都市をはなれて、川や海、美しい山々を訪ねれば、そこにも快適な水辺を創り、
豊かな川や森を保全して自然環境を維持していくための社会基盤技術が存在しています。
人間・自然環境の再生と創造
現代の生活は、人間が社会基盤技術を利用して周囲の環境を改善したり保全することによって、成り立っています。
社会基盤学とは、私たちが文明的・文化的な生活を営むために必要なあらゆる技術を含み、
いわば人間が人間らしく生きるための環境を創造する大切な役割を担っています。
加えて、今や地球規模の自然環境再生が重要なテーマです。

現代のシビル・エンジニアは、大都市機能の再構築と都市防災、
地方都市の再生、自然環境や田園風景の保全、河川環境の再生と水害対策、
地球規模での環境・エネルギー問題、国際社会における技術協力など、
実に多くの課題と向き合っているのです。
多様な人材と職能
社会基盤学の分野には多様な人材が求められています。
たとえば国土や都市のあり方を大局的に構想し実現する戦略家、
歴史や景観・自然環境を活かしながら都市や地域のあり方を先導するプランナー、
科学的方法論に基づいて公共施設を計画・設計・施工するエンジニア、
地域の人々のために快適で美しい橋や都市空間を実現するデザイナー。
歴史・哲学・社会学など諸分野とわたりあって人間社会とは何かを洞察できる人材も必要です。
しかも、社会基盤学が対象として見据えている環境は、
身近な生活空間から地球環境に至る壮大なスケールのひろがりをもっています。

次代のシビル・エンジニアが活躍する舞台は、わずか数十人の村のための環境整備から、
地球規模での技術開発・環境保全戦略まで、実に多彩なものとなるでしょう。
次代の環境創造を担うために
東京大学社会基盤学科/社会基盤学専攻は、
人間の生活や環境に関わる多様な専門領域が総合化したグループであり、
次代の環境創造を担う個性豊かな人材の育成を目指しています。
人それぞれの個性や資質を生かせる場所が、必ず見つかるはずです。

専攻長からのメッセージ

 社会基盤学科は、1877年の東京大学の創立当初から、名称を変えながらもずっと存在する本学でも最も歴史の長い学科の一つです。1893年に各学科に講座が導入された際、前身である土木工学科には「鉄道」、「河海」、「橋梁」、「衛生」の4講座が設置されましたが、その後、講座の改変や増設を経て、2003年から現在の3コース、6グループ(大学院では8グループ)の形となり、現在では地盤、構造、材料、水門、河川、海岸、都市、交通、空間情報、景観、建設管理や国際開発など、多岐に渡るテーマを対象に研究・教育をしています。このような変遷からも、社会基盤学が人々の生活や産業活動を支える基盤や環境を先代から受け継ぎ、必要に応じて手を加えながら維持し、ときには新しいものを創り出しながら次世代に遺していくという普遍的な理念を保ちながら、時とともに変化する生活や自然、環境、技術に応じて、絶えず変化しながら発展してきたことが分かります。

昨今の高度情報化社会における価値観の多様化や様々な科学技術の発展により、要求される社会基盤もますます多種・多様になっています。また、近年頻発している豪雨災害や2018年台風Jebiによる大阪湾での高潮災害など、気候変動に伴う地球規模での気象災害も激しくなる中、自然環境をその将来的な変化も含めて正しく把握・予測し、自然と調和しながら、かつ、地震や津波も含めた自然災害とも共生できる社会基盤を整備していくことも重要な使命となっています。そのためには、様々な要素技術を深めることに加え、それらを理解して俯瞰し、総合的な視座にたってより良い社会基盤を考え、つくり出し、整備していく力も求められています。

このような多様性や総合性、また、変化する社会や自然環境への適応性は社会基盤学科の大きな魅力の一つである一方で、ややもすれば広く浅い知識の習得に終始してしまうリスクもはらんでいるかもしれません。本専攻・学科では、社会基盤学に必要不可欠な専門基礎科目を揃えて各人の志向に合わせて専門知識を身につけ、研究活動を通じてそれぞれの専門性を深め、さらに演習では実践的な課題に対して異なる志向をもつ学生によるグループワークや教員を含めたディスカッションを通じて、様々な専門知識を俯瞰し総合的に活用する術を学びます。また国内外の現場にも足繁くでていき(人によりますが)、実物や実社会に触れながら直感力を養う機会も多く用意しています。

このパンフレットを見て、社会基盤学の魅力を感じ関心をもってくれた方には、ぜひ当専攻・学科の仲間に加わっていただき、ご自身の個性や専門性を磨き、多様な仲間との交流や議論を通じて、将来の社会基盤のあるべき姿を考え、ともに社会基盤学を発展させていく力になってくれることを期待します。

2020年4月 社会基盤学専攻長・学科長
田島 芳満